筑紫平和・人権センターからの「核廃絶平和行政に関する要請書」を人権センター事務局の方々と共に、春日市後藤副市長と面談し提出

7月25日は筑紫平和・人権センターからの「核廃絶平和行政に関する要請書」を人権センター事務局の方々と共に、春日市後藤副市長と面談し提出しました。私は昨年の12月議会で提出された「核兵器禁止条約署名・批准を求める意見書」の賛成討論を行いましたが、自民党系議員と公明党議員の圧倒的多数で否決となりました。春日市は32年前に「非核平和都市宣言に関する決議」を行なっているのにもかかわらず、「日本はアメリカの核の傘に守られているので、アメリカさんへの忖度をすべき」というのが反対の理由でした。残念です。丁度今、春日市役所ロビーでは、平和記念展が行われています。原爆投下時のパネル展示です。ぜひとも多くの方に見にきていただきたいと思います🤗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です