「古代日本の西の都-東アジア交流拠点」

太宰府市が平成27年に日本遺産として認定された「古代日本の西の都-東アジア交流拠点」。今年それが拡充され大野城市・春日市・筑紫野市・那珂川市・宇美町・佐賀県基山町にまたがる大水城跡も認定されました。ちなみに春日市は、大土居天神山地区にある特別史跡水城跡があります。今、春日市奴国の丘歴史史料館では、そのパネル展示と、今日から11月3日まで春日市内の遺跡から出土した、貴重な木製品を公開していますよ‼️ぜひご来館下さい😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です